養護老人ホームって何?入所基準は?かかる費用は?そんな疑問を解決

老人ホームの種類はたくさん。

なかでも、養護老人ホームの費用は安く、気になっている方がいらっしゃるかもしれません。

ですが、

養護老人ホームってどんなところなの?

他の施設と何が違うの?

こんな疑問が出てきますよね。

養護老人ホームは福祉や自治体といった公益の機関が運営する老人ホーム

収入が低く安定した生活が遅れない方や、何らかの理由があり自宅では健やかに過ごせない方が入居の対象になる施設です。

ここでは、養護老人ホームについて詳しくご紹介いたします。

養護老人ホームってどんなところ?

養護老人ホームは公益が運営している施設のひとつ。

経済的に余裕がない方や整った環境で暮らすことが難しい高齢者を対象にした老人ホームです。

名前の通り「養護」を目的としていて、所得が低く生活が困難な方や生活保護を受けている方が健やかに過ごせるように作られました。

例えば、家族と関係がうまくいかず精神的・肉体的に虐待をされている高齢者の方、年金など収入が低く一人で暮らせない方たちが入居されています。

養護老人ホーム料金の目安 月額10万円以下が一般的

  • 入居一時金:なし
  • 月額費用:0~10万円

低所得な方を対象としているので、入居一時金がかからない施設がほとんど。

月額は最低0円のところもあり、費用が掛からないことが大きなメリットです。

養護老人ホームの入居基準 介護が必要ない自立した人が対象

  • 65歳以上
  • 介護が必要ない
  • 所得が低く経済的に生活するのが難しい

上3つの条件が揃うと養護老人ホームに入ることができます。

目的はあくまでも「養護」

そのため、所得が低く生活が難しい場合でも、「要介護1」以上の指定を受けている方は養護老人ホームの対象外となります。

必ず地方自治体の審査が必要なので、入居のハードルは高め。

養護老人ホームのように安い入居施設は?

養護老人ホームは費用が安いため、ご家族に高齢者がいらっしゃる方は利用を検討していたかもしれません。

ですが、入居の条件は厳しく誰でも利用できるものではありません。

そこで、養護老人ホームと同じように、入居一時金や月額費用が安い施設の種類をご紹介します。

特別養護老人ホーム
  • 入居一時金:0円
  • 月額費用:5万~13万円
  • 入居条件:要介護3(例:入浴が一人でできない、誰かの手伝いがなければ立つことや歩くことができない)
  • 特徴:介護保険制度が適用になるため、「施設のサービス費用」「住居費」「食費」「光熱費」のみ。



有料老人ホームなど(民間が運営しているところ)が設けている入居一時金がかからず、養護老人ホームと同様に費用を抑えることができます。

月額費用は部屋の状態(2~4人部屋や個室など)によって異なりますが、10万以下で暮らせる施設が多いです。

経費老人ホーム

  • 入居一時金:0~30万円
  • 月額費用:6万~17万円(A型)3万~4万(B型)
  • 入居条件:65歳以上、自立~要介護3程度(認知症は基本対応なし)
  • 特徴:経費老人ホームも養護老人ホーム、(特)養護老人ホームと同じく、社会福祉法人や地方自治体が運営する施設。



経費老人ホームは自治体から助成金を受けているので、費用が安く利用者の負担が軽減されます。

養護老人ホームと違い入居一時金は数十万かかるところもありますが、所得のしばりがなく入居条件を満たしていればどなたでも利用できます。

月額費用は設備やサービス内容によって差がありますが、食事の提供を行っているA型は6万~17万円、自炊で生活するB型は3万~4万円が一般的

費用の負担を抑えたい…そんな時LIFULL介護で施設を検索

ここまでお読みいただいた方は、養護老人ホームのように比較的費用が安く入居しやすい施設をお探しかもしれません。

そんな時におすすめなのが、介護施設検索サイト


当サイトではTOPページで老人ホーム検索サイトの比較をし、費用・地域・介護サービスなど、条件が絞りやすいサイトを調査しました。

その中でも、LIFULL介護は全国32,000件以上から入居費用や入居者の状態など、条件を絞って希望に合った施設を簡単に見つけることができます。

費用が抑えられる

また、上のような入居一時金がかからない施設の特集などが組まれているから、イチから探す手間も省け使いやすいところもおすすめ。

気になった施設は無料で一括資料請求ができるので、ぜひ活用してみてくださいね。

最後に老人ホームをお探しの方へ

今回、養護老人ホームの料金や入居基準、同じように費用が抑えられる施設をご紹介させていただきました。

養護老人ホームは所得が低い方や、生活環境が整っていない方が安心して過ごせる施設。

ですが、「要介護1」と介護の必要度が低い方でも入居は厳しく、自立した方のみが対象となってしまいます。

「要介護1」以上で養護老人ホームと同様に費用を抑えたい方は、LIFULL介護で予算に合わせた条件を絞り施設を検索してみてください。

入居一時金が0円の施設、月額5万以下の施設が複数見つかりますよ。

LIFULL介護のページへ↓から移ることができるので、のぞいてみてくださいね。