(特養)特別養護老人ホームの費用はいくら?入所条件はなに?

老人ホームをお探しの方は特養(とくよう)という言葉を耳にしたことがあるかと思います。

特養は特別養護老人ホームの略で、地方自治体や社会福祉法人などが運営する公的な介護施設。

民間が経営する有料老人ホームと比べ、比較的安い費用で利用できます

ここでは、特別養護老人ホームの入所条件や費用、メリットやデメリットを紹介。

最後に条件に合った介護施設の探し方をお伝えしているので、ぜひ参考にしてみてくださいね。

特別老後老人ホームの料金

項目料金
入居一時金0円
賃料(1か月)約34,500円
食費(1か月)約41,400円
介護費用約16,000円
※介護レベルによって異なります。
合計約91,900円

特別養護老人ホームでかかる費用は『賃料』『食費』『介護費用』など。

民間が運営している有料老人ホームと違い、入居一時金はかからず費用の負担をぐっとおさえることができます。

料金はほぼ介護保険が適用になり、年金を十分に受け取っていな方はさらに免状されることも

老人ホームへ入居するにあたり、毎月かかる費用を把握することはとっても重要です。

入居を検討している高齢者の介護レベルはどのくらいなのか、介護保険を適用した時費用はどの程度なのか把握しておくことが大切。

介護相談サイトなどを利用し、専門家に相談をすると安心です。

すこし厳しい?特別養護老人ホームの入所条件

入居条件

  • 65歳以上
  • 要介護3以上



特別養護老人ホームに入所するには、上の条件をクリアする必要しなければいけません。

ただし、要介護1や要介護2の方でも、以下に当てはまると入所が認められます。

  • 認知症を患い日常生活を送ることが困難
  • 知的障害や精神障害を持ち日常生活に支障をきたす
  • 虐待が疑われ心と身体の安全が確保できず安心して暮らせない
  • 家族の支援が得られず地域介護サービスの供給が間に合っていない



費用が安い特別養護老人ホームの条件は厳しく、高齢者であればどなたでも利用できるわけではないんですね。

また、条件を満たしていたとしても、生活環境や身体の状況から点数が付けられ、その点数が低ければどんどん順番は遠のいてしまいます

特別養護老人ホームのメリットやデメリット

メリットデメリット
・公的な介護施設のため費用が安い
・費用のほとんどが介護保険適用になる
・永久的に利用ができ余生を穏やかにすごせる
・入居条件が厳しい
・待機が多く点数によって順番が遠のく可能性がある

始めにお伝えしましたが、特別養護老人ホームのメリットは費用が安いところ

有料老人ホームでは数十万円以上かかる、入居一時金がかからずまとまったお金が用意できなくても心配ありません。

また、永続的な利用を目的とした介護施設なので、入居が決まれば余生を穏やかに過ごすことができます。

逆にデメリットは入所条件が厳しいところ

先ほどご紹介した通り、条件を満たしている方しか利用できませんし、クリアしたとしても点数に応じて入居の順番がどんどん遅れてしまうことも。

費用が安いこともあり、50万人以上の方が待機しているんです…

特別養護老人ホームに入れない場合は?

特別養護老人ホームの入居条件に該当しなかった
すぐに入れる介護施設を探していた

ここまでお読みになった方はこんな風に思っているかもしれません。

老人ホームは10種類程あり、特別養老老人ホーム以外にも費用が抑えられ、かつ入居条件が厳しくないものがあります。

例えば、介護老人保健施設は特別養護老人ホームと同様に、入居時に掛かる費用は0円

月額は9万円ほどで利用可能な施設です。

入居条件は65歳以上、要介護1からと特別養護老人ホームより条件が緩く比較的簡単に入居できるんです。

食事や入浴といった身の回りのお世話はもちろん、医師や看護師による医療面の受け入れ体制も整っているので持病をお持ちの方も安心して過ごせます。

最後に老人ホームをお探しの方へ

ここまでお付き合いいただき、ありがとうございます。

特別養護老人ホームについてお伝えいたしましたが、いかがでしたか?

今回ご紹介した特別養護老人ホームや介護老人保健施設は、老人ホームを専門に掲載している検索サイトで簡単に見つけることができます。

なかでもおすすめなのが、LIFULL介護

LIFULL介護

当サイトの老人ホーム比較ランキングでご紹介していますが、検索絞り込み機能が充実しているところが使いやすいポイント。

全国32,000件以上の介護施設から、あなたの条件にぴったりな老人ホームが複数見つかりますよ。


今、ご家族のために老人ホームをお探しの方は、どこかで自分が介護できないことを責めているかもしれません。

ですが、老人ホームを活用するのは決して後ろめたいことではないんです。

今の施設は設備や食事も充実していますし、自宅にいるよりも高齢者の方はイキイキとされています。

老人ホームを利用することであなたは介護の辛さから解放され、ご家族も穏やかに余生を過ごすことができますよ。

LIFULL介護で条件に合った介護施設を見つけ、ご家族の幸せの第一歩を踏み出してくださいね。