ペースメーカー有りでも老人ホームに入れる!注意点と施設探しのコツ

ペースメーカーを植え込んでいる方や、そのご家族の方で老人ホームをお探しの方は

どの施設が受け入れてくれるのかな
ペースメーカーがあっても老人ホームで安全に暮らせるのかな
なにか気をつけることはあるのかな

といった不安をお持ちかもしれません。

ここでは、ペースメーカーを植え込んでいる方が入れる老人ホームや、施設暮らしで気をつけることをご案内しています。

また、安全に楽しく過ごせる施設をスムーズに探す方法もご紹介しますので、ぜひご参考くださいね。

ペースメーカー受け入れ可の老人ホームは多い!

ペースメーカ―は、植え込みから数か月が経っていてその後状態が安定していれば、日常的な医療管理は必要ないとされています。

そのため、ペースメーカーを植え込んでいるからという理由で入居を断られることはほとんどありません!

ただし、高齢でペースメーカーを植え込んでいる方は、その他の持病があったり身体に不自由があったりすることが多いですよね。

施設を探す際には、ペースメーカーの有無に加えて、介護・ケアの細やかさや日々の食事の体制(体調に応じたメニューが選べるか、介護食に対応しているか)も確認しておくと安心ですよ◎

ペースメーカーのために気を付けること

日常生活において、ほとんど支障がないと言われているペースメーカーですが、より安全に暮らすためには、以下のことに気を付けるよう推奨されています。
これは老人ホームに限ったことではないのですが、入居の際にはスタッフに伝えておくと安心ですね◎

  • ペースメーカーの植え込み部を清潔に保つこと
  • 糖分の取りすぎに注意すること
  • 漏電した電気機器などに触れて感電しないようにすること
  • 強い電磁波を浴びないようにすること
  • 電気風呂肩こり治療器などで身体に電気を通さないこと
  • 重い荷物などで腕に負担をかけないこと
  • IH調理器の使用はできるだけ避けること
  • 携帯電話は植え込み部から15cm以上話すこと
  • MRI検査は、対応型のペースメーカー使用者以外は避けること
  • 全自動/電動麻雀卓を使用しないこと

この中で、老人ホーム暮らしで気を付けたいのは特に「IH調理器」「麻雀卓」です。

個室にキッチンがあるタイプの施設を選ぶ際には、ガスコンロなのかIH調理器なのかを確かめましょう◎

また、共同設備として麻雀卓を置いている老人ホームも多いので、該当する場合には手動の卓を置いているところを選ぶようにすると良いですね。

安心して楽しく過ごせる施設の探し方

ここまでお付き合いいただき、ありがとうございます。

ペースメーカーを植えこんでいる方の老人ホーム探しについて、ご案内させていただきました。


ペースメーカーがあって入れる老人ホームはとても多く、全国区で見るとその数は、数千施設にのぼります。

ただ、先ほどお伝えしたようにただペースメーカーの受け入れさえしてもらえれば良いというものでもありませんよね。

入居される方の状態に応じて、
介護度に合わせた細やかなケアをしてもらえるか、食事の体制はどうなっているのか、趣味を楽しめる環境なのか…
などチェックすることは沢山あります。


場合によっては、病院が敷地内に併設されているところが良いかもしれませんし、費用面で上限を決めたい方もいらっしゃるかもしれません。

安心して楽しく過ごせる施設を探すには、これらの条件を満たすかどうかをしっかり確認することが大切なのです。

でも、手あたり次第に施設へ確認をしていくのはとっても非効率。

見られる数にも限度がありますし、それだけで疲れてしまいます。


当サイトではTOPページで複数の老人ホーム検索サイトを比較し、費用・地域・介護サービスなど、条件が絞りやすいサイトを調査しました。

その中でも、全国32000件以上の施設情報を掲載している日本最大級の検索サイト「LIFULL介護」なら、条件を指定するだけで該当施設をピックアップ。

資料請求も一括で行えるので、施設探しがとってもスムーズに進みますよ。


老人ホーム探しは、最初の情報収集のはやさがモノを言います
LIFULL介護を使ってスピーディーに進めていきましょう!

検索画面へは以下から移れますので、ぜひご活用くださいね。