介護付き有料老人ホームの費用は?サービス内容やスムーズな探し方も紹介

在宅介護は難しいから老人ホームに…
と考えて情報を集めている方は、介護付き有料老人ホームという言葉を聞いたことがあるかもしれません。

その名の通り、介護体制が整った老人ホームではありますが、

費用はどれくらいかかるのかな
どんなケアをしてくれるのかな
食事などはどうなっているのかな

と気になることはたくさんありますよね。

ここでは、介護付き有料老人ホームの費用やサービス内容などをお伝えしています。

どんなふうに施設を探せばスムーズかもご紹介していますので、ぜひ最後までお付き合いくださいね。

介護付き有料老人ホームは高い?

介護付き有料老人ホームは、一般的に費用がかなり高額だといううイメージがあるようです。

確かに、入所の際に数千万円が必要でその後も数十万円を払う必要のある施設もあります。

しかし、施設ごとに費用額は異なりますし、助成制度や介護保険を上手く活用すればなんとかなることも多いです。

ここでは、初期費用・月額費用の詳細や、費用を軽減する方法をお伝えします。

初期費用

入居時に支払う費用のことを指し、一般の賃貸物件でいう敷金にあたります。

施設によっては初期費用が不要のところもあります。

初期費用が必要な場合、数十万~数千万円と定めているところが多く、施設によって大きな差があるのが現状です。

また、この費用は別の施設に移る際の解約や契約者の死亡などの際には、一部返金を受けられます。

月額費用

毎月の利用料を指し、数十万円というのが相場ですが、施設によって異なります。

一般的には、初期費用が少ない施設は月額費用が高めに設定されていることが多いです。

費用の内訳は、以下の通りです。

  • 施設介護サービス費
    入浴や排泄、食事の介助といった介護サービスにかかる費用です。

    これには介護保険が適用され、入居者は介護サービス費用の1割(所得によっては2割)を負担します。

  • サービス加算
    サービス内容や人員体制に応じて、介護保険から施設に「サービス加算」として報酬が支払われることがあります。
    こちらについても施設介護サービス費同様、入居者は費用の1割(所得によっては2割)を負担する必要があります。
  • 居住費
    いわゆる家賃です。

    標準的な負担額は、入居する居室のタイプによってことなります。

  • 食費
    食材費用や維持管理費が含まれます。

    食事を業務委託している施設の場合、その利用料になります。

  • その他費用
    個人が使う歯ブラシやせっけん、ティッシュペーパーなどの日用品費、光熱費やレクリエーション費用をまとめた管理費(運営費)、職員の配置数が基準より多い時に加算される上乗せ介護費交通費や理美容代といった介護保険対象外のサービス費などを指します。

費用負担額を軽減するには

以下の2つの制度を利用すれば、費用負担額を軽減することができます。

高額介護サービス費制度

介護保険サービスを利用する際の負担額が上限限度額を超えた際に申請すると、高額介護サービス費として還元されます。

介護サービスを利用すれば、支給の要件を満たす方へは通知と申請書が届きます。

それに必要事項を記入し、市区町村へ届ければ申請が完了します。

高額医療・高額介護合算制度

後期高齢者医療制度の被保険者である75歳以上の方が1年間に支払った介護保険と医療保険の合計額が基準を上回った際に、超えた金額が払い戻されます。

申請は各自治体の窓口で行いますが、自治体によって必要書類は異なります。

各保険制度の保健証や自己負担額証明書、世帯主の印鑑が必須のところが多いです。

生活保護を受けていても入れる?

介護付き有料老人ホームの10%前後が、生活保護受給者用の料金体系を整えていると言われています。

数は少ないですが、受け入れ可能な老人ホームもありますので探してみましょう。

介護付き有料老人ホームで受けられるサービス

介護付き有料老人ホームで必要となる費用を、ご説明させていただいたところで、実際にどんなサービスが受けられるのかをご紹介します。

施設によってその範囲やケアの充実度、各疾患の受け入れ体制は異なりますが、基本的には以下の内容を受けられます。

  • 介護・生活支援
    食事や入浴、排泄の介助や移動・移乗の介助、機能訓練のことを指します。

    画一的なケアではなく、本人の嗜好や趣味など、個性を尊重したケアを行っている施設が多いです。

    また、生活支援としては来訪者の受付や清掃・洗濯といった家事、買い物や行政手続きの代行、入院中の洗濯や買い物、届け物を行います。

  • 医療行為
    検温や血圧のチェック、投薬や褥瘡(床ずれ)などの皮膚疾患、ケガの対処を行います。

    看護師もしくは准看護師の配置が義務付けられていますが、24時間体制かどうかは施設によって異なります。

    ただし、医療機関との連携は必須なので万が一の際の対応に不安はないでしょう。

    一部の施設では医師を常駐させるなど、万全の体制を整えています。

  • リハビリテーション
    主に機能維持を目的としたリハビリテーションが行われています。

    理学療法士や作業療法士、言語療法士、柔道整復師などによって個々に合ったプログラムが組まれます。

  • 食事
    入居者の楽しみのひとつである食事には、盛り付けや味に工夫を凝らしたり行事に合わせた献立にしたりと気を配っている施設がほとんどです。

    中には、郷土料理を提供したりバーベキューをしたりとイベントを大切にする施設も。

    また、すし屋の板前を呼び寄せて目の前で好みのネタを握ってもらうといったハイクラスな食事を提供しているところもあり、施設の差別化の一項となっています。

  • レクリエーション
    職員が主となって行うゲームや運動、カラオケ、手芸、専門講師によるセミナーまで入居者を飽きさせない工夫がされています。

    地域の商店や幼稚園と連携を取ったり、外部サークルと協力をしたりとその内容も様々。

    近くのショッピングセンターやアミューズメントパークへのお出掛けをすることもあります。


このように、サービス内容は生活の維持から趣味嗜好の範囲まで多岐に渡ります。

その内容の充実度によって利用料金が変わってくると言っても、過言ではないでしょう。

介護付き有料老人ホームに入るには

施設ごとの裁量が大きい介護付き有料老人ホームでは、一律に定められた入居条件はありません。

ただ、多くの施設で介護保険適用となる65歳以上と定めたり、要介護度感染症の有無を定めているようです。

入居者の状況に応じて、適した施設を探しましょう。

また、希望する施設が決まったらその施設へ直接申し込むのがフローとなります。

必要書類は申込書や診療情報提供所、健康保険証など。
施設に確認をしてみましょう。

どんな施設が良いのか迷ったら…

ここまでお付き合いいただき、ありがとうございます。

介護付き有料老人ホームについて、その費用やサービス内容を中心にご紹介してきました。

様々な取り組みや差別化が行われ、選択肢が広がる介護付き有料老人ホーム。

受け入れ体制やサービス内容、費用面において施設ごとに大きな差があり、どんなところが良いのか悩む…という方も多いかもしれません。

そんな時は、希望条件から施設を絞り込むのがお勧めです。

条件を入力するだけで該当施設をピックアップしてくれ、資料請求まで一括で行えるLIFULL介護なら、施設選びがとってもスムーズに運びますよ。

検索画面へは以下から移れますので、ぜひご活用ください!