老人ホームの入居には5つの条件がある?その詳細を確認しよう!
ご家族が高齢になってきた方や、今まさに介護を頑張っている方は、

「そろそろ老人ホームを利用しようかな」
と思い、どうすれば入居できるのか気になっているかもしれませんね。


実は老人ホームには入居条件があり、誰でも入れるわけではありません

『年齢制限』『介護度』『病状』『費用・収入』『身元受取人・保証人の有無』といった、5つの主な条件があるんです。


このページでは老人ホームの入居条件を詳しくお伝えしています。

あなたの希望に合う施設の見つけ方もご紹介しているので、ぜひ参考にしてくださいね。

5つの入居条件の内容をチェック!

(1)年齢制限 何歳から入れるの?


基本的に老人ホームは、60歳以上または65歳以上の方を対象にしています。

ですが特定疾病を患っていれば、40歳以上から入居できる施設も。


老人ホームによって受け入れ年齢は変わりますが、『介護付有料老人ホーム』だと他の施設と比べて年齢による制限は少ないですよ。

また『住宅型老人ホーム』『健康型有料老人ホーム』『サービス付き高齢者向け住宅』は、60歳以下でも入れる施設が多いのでおすすめです。

(2)介護度 自立~寝たきりの方まで対応

食事や入浴といった日常生活をサポートしてくれる老人ホーム。

  • 要支援1~2
  • 要介護1~5

このような、自力での生活が大変な方を受け入れています。


介護度が軽く、自力である程度生活できる方は、『在宅型有料老人ホーム』『サービス付き高齢者向け施設』『軽費用老人ホーム(A型・B型)』『ケアハウス』を利用する傾向があります。

食事や入浴のサポートが必須の方は、『介護付き有料老人ホーム』『特別養護老人ホーム』だと入居しやすいですよ。


最近では自立した高齢者がシニアライフを満喫できるように、『健康型有料老人ホーム』『サービス付き高齢者向け住宅』といった、レクリエーションや娯楽に特化した施設も増えました。


こちらも年齢と同様、施設によって条件が変わります。

入居する方の状態を見ながら、最適な施設を探してあげたいですね。

(3)病状 24時間サポートしてくれる施設も


体に不安を抱えていても、24時間体制で看護してくれる施設なら安心ですよね。

インシュリン投与・たん吸引・人工透析・ストーマ・胃ろう・褥瘡(床ずれ)など、

専門的な知識が必要な症状でも大丈夫。

いつでも迅速に対応できるように、医務室を完備している老人ホームもあります。


また、身体機能の維持や回復のためのリハビリや、話す・聞くといった言語聴覚機能のトレーニングも行い、

入居者ができるだけ暮らしやすいように、体の状態を調えてくれます。

介護付き有料老人ホーム』なら、幅広く対応している施設が多くあるのでおすすめです。

(4)費用・収入 収支のバランスが◎


老人ホームは入居費・月額費、2つの支払いがあります。

基本的に収入で制限はされませんが、『軽費用老人ホーム(A型・B型)』は所得に応じて月額費が変わります。

独居生活が難しい方を対象にしているため、資産があるご家庭は入居を断られるケースも。


また生活保護や年金で暮らしている方も利用できるよう、

低料金に設定している施設もあります。

介護付き有料老人ホーム』『住宅型有料老人ホーム』『特別養護老人ホーム』の3つが該当するので、

あまり高い施設はちょっと…という方は、検討してみてくださいね。

(5)身元引受人・保証人の有無 独り身だと入れない?

公益社団法人全国有料老人ホーム協会による調査の結果。

約8割の老人ホームは身元引受人・保証人を求めると回答しました。

入居費が滞ったときの連帯保証人。
退去の際の引き取りや入居者に変わって意思決定をする役割があるため、身元引受人・保証人が必要になるんです。


ですが最近は家族が離れて生活していたり、一人暮らしの高齢者も増えました。

「頼れる身内はいないけど、一人は不安だから施設に入りたい」


このような方のために、代理人を探してくれる老人ホームがあります。

介護付有料老人ホーム』は積極的に代理人を用意してくれるのでおすすめ。

また身元引受人が不要の施設も増えているので、まずはどんな老人ホームがあるのか探してみましょう。

老人ホームの選び方 希望に合った施設を見つける

老人ホーム5つの入居条件をご紹介しました。

施設によって条件は異なりますから、

「どの施設が良いのか分かんない」
「どうやって探せば良いの?」

という気持ちがあるかもしれませんね。


あなたや入居予定の方にも、希望する条件があると思います。

その条件に当てはまる施設の資料を取り寄せて、見比べることが老人ホーム選びで大切なこと

最後に条件が絞りやすく、希望通りの施設を見つけやすい老人ホーム検索サイトをご紹介します。

入居条件から探すならLIFULL介護がおすすめ

    LIFULL介護のおすすめポイント
  • 全国32,000件以上の施設を掲載!
  • 介護度から受け入れ可能な施設が見つかる!
  • インシュリン投与・胃ろうなど、症状に対応した施設探しができる!
  • 年齢・身元引受人など、フリーワードから検索も◎
  • 気になる施設の資料を一括で請求できる!

掲載施設数・条件の絞りやすさ・実績から、老人ホーム検索サイトの比較を当サイトTOPでしています。

その中で特にLIFULL介護は検索機能が使いやすくておすすめ。
当サイトでも81%の方が利用しています。


LIFULL介護から取り寄せできる資料には、豊富な施設写真・年間スケジュール・入居までの流れ・毎日の献立など、インターネットには載っていない情報が満載。

気になる施設の資料は一括で請求できるので、ぜひ見比べてみてくださいね。

老人ホーム選びに悩んでいるあなたへ

最後までありがとうございました!

老人ホームは条件によって入れる施設が変わります。

「介護度が重いけど大丈夫かな?」

「あまり高い施設はちょっと…」

「人員や設備が充実していたら安心」

といった方でも、入居条件から探しやすいLIFULL介護なら、

希望に沿う老人ホームが見つかりますよ。


費用や入居する方の気持ちがありますから、簡単に施設を決めることなんてできませんよね。

だからこそ、情報を集めることが重要なんです。


施設の特徴を資料で見比べれば、理想の老人ホームが分かります。

資料請求=入居ではありませんし、介護に悩まない穏やかな暮らしのためにも、

ぜひ一度↓から老人ホームを探してみてくださいね。