地域交流をしている老人ホームが◎その理由と施設の見つけ方をご紹介
老人ホームを探す時…。

  • どのくらいの費用で入れるのか
  • 立地・場所はどこにあるのか
  • どんな介護サービスを提供しているのか
  • 食事やレクリエーション、スタッフの雰囲気はどうか

といった項目に注目するかとは思いますが、

実は地域の方との交流も大切なのはご存知でしたか?


介護スタッフや入居者の雰囲気が明るく、活き活きと暮らしている施設の多くは、ボランティアや地域の方との交流を積極的にしています。

それは、入居している方が楽しく過ごせるという理由なのはもちろん。

老人ホームの内情を見られても平気だからこそ。


「スタッフと入居者が良い関係だから、できるだけ多くの人に見てもらい!」
というのが、施設側の気持ちでもあるんです。


このページでは、地域交流のメリットをお伝えします。

最後には、地域交流を積極的に行っている老人ホームの簡単な探し方をご紹介しますので、参考にしてくださいね。

地域交流が盛んな2つのメリット

地域の方と積極的に交流を行っている老人ホームには次のメリットがあります。

入居者の刺激や楽しみに繋がる

地域の方たちの理解を得られる

さっそく、それぞれの内容を詳しく見ていきましょう!

施設以外の人とも交流できる 充実した暮らしのために

基本的に老人ホームは、24時間365日暮らしていく場所になります。

介護度が重い方は、自由に外出できないことも少なくありません。

そんなとき、地域の小学生が演劇をしてくれたり、ボランティアと一緒に歌や踊りができたりすれば、

心が温かくなりますし、楽しみの1つになりますよね。


老人ホームに訪れてくれた方も、今まで様々な経験をしてきた高齢者の話を聞くことで、

知識が増えたり、生き方のヒントを得ることもあるのでお互いにメリットがあるんです。

もしものときも安全 お互いが理解し合う意味とは

老人ホーム入居者の中には、夜に徘徊してしまったり、ふらっとどこかに行ってしまう方もいらっしゃいます。

もし見つからない…なんてことになれば一大事。

そんな時、地域の方との交流があれば、施設に連絡がいくかもしれません。


また、地震や水害などの災害があったときには、地域の方が積極的に協力し救助してくれたというケースもありますし、万が一の時も小心強いですね。

地域に開放的な老人ホームなら、入居者が安心して暮らせますよ。

地域交流を積極的にしている老人ホームの探し方

ここまで地域交流が盛んな2つのメリットをご紹介しました。

老人ホームは何度も入退去する施設ではありませんし、終の棲家としての役割もありますから、

開放的な施設にこしたことはありませんよね。


ですが開放的な施設といっても、

「どうやって探せば見つかるんだろう?」

「自宅の近くにある施設は、交流しているのかな?」

といった、疑問はあるかと思います。


当サイトではTOPページで複数の老人ホーム検索サイトを比較し、費用・地域・介護サービスなど、条件が絞りやすいサイトを調査しました。

その中で一押しなのがLIFULL介護

これからLIFULL介護のおすすめポイントをご紹介します。

地域交流が盛んな老人ホームなら【LIFULL介護】で簡単検索!

LIFULL介護

LIFULL介護のおすすめポイント
  • 全国32,000件以上の施設を掲載!検索機能が使いやすく当サイトでも81%の方が利用
  • フリーワード検索で、地域交流が盛んな施設が一発検索
  • 費用・病状・介護度から、対応施設を簡単ピックアップ
  • 気になった施設の資料を一括請求できる

老人ホーム検索サイトの中でも、施設数・条件の絞りやすさ・実績で、総合評価No.1のLIFULL介護

不動産検索サイト最大手『ホームズ』が運営しているので、情報量と信頼性は◎です。


LIFULL介護には、便利なフリーワード検索機能があり、TOP画面の中部に以下の項目があります。


緑枠で囲ってある『好きな言葉で探す』に、『地域 交流』と入力して検索すると、5000以上の施設がすぐにピックアップ。

あとは地域・費用・介護度といったあなたの希望条件に合わせれば、

すぐにピッタリな老人ホームを見つけることができますよ。

最後に老人ホームをお探しの皆様へ

ここまで地域交流をしている老人ホームなら、様々なメリットがあることをお伝えしました。

閉ざされた施設よりも地域と交流があったり、ご家族がいつも出入りしているような開放的な施設の方が良いですよね。


今月の献立・年間イベント・入居者の様子・これから先目指している施設の在り方など、

インターネットだけでは分からない施設の特徴が、資料には載っています。


何の情報もないまま、施設を選ぶ人はいません。

まずは気になる施設の資料を集めて、どんなところが良いのか決める準備をしましょう。

今から資料集めを始めれば、数カ月後には介護に悩まず暮らせていますよ。