住宅型有料老人ホームのサービスや費用等を紹介◎スムーズな施設探しとは

高齢になったご家族を、そろそろ老人ホームへ…
とお考えの方は、住宅型有料老人ホームという施設をご存知でしょうか。

あまり聞き馴染みのない言葉かもしれませんが、最近では施設数も急速に増え、今人気の形態となっているんです。

ここでは、住宅型有料老人ホームで受けられるサービスや対象者、費用面などの概要をご紹介。

施設決定から入居までのフローや、スムーズに施設探しをする方法もお伝えしていますので、最後までお付き合いくださいね。

住宅型有料老人ホームって?

住宅型有料老人ホームとは、主に自立(要支援でない)高齢者向けの施設です。

専門スタッフによる炊事洗濯といった生活サポートや緊急時の対応、レクリエーションを受けることができます。

詳しく見てみましょう。

サービスは生活サポートやレクリエーションが基本

入居者は、生活の見守りや、炊事洗濯といった生活サポートが受けられます。

自分でできることは自分でやりつつ、困ったことがあったときには専門職員が手を差し伸べてくれるスタイルです。

また、職員や入居者とのコミュニケーションにもなるレクリエーションも豊富。

様々なイベントやセミナーなどがあるため、毎日退屈しませんよ。

介護が必要になれば、外部のサービスを利用することも可能です。

施設によっては、簡単な医療ケアが受けられるところもあります。

入居できるのはどんな人?

基本的には60歳以上の入居で、自立~軽介護度の方が対象です。

外部サービスを利用する場合は、介護度が大きくても入れる施設も多いです。

ただし認知症には充分に対応できないところがほとんど。
伝染病保持者も、対象外となります。

その他には、身元引受人が必要です。

居室+充実した共同設備が人気

住宅型有料老人ホームの構成は、居室と共同設備に分かれています。

  • 居室
    それぞれの居住スペースです。
    全国の住宅型老人ホームを見てみると、個室型と多少型の割合が半分ずつくらいです。
    広さや、トイレ・キッチンの有無は施設によって様々です。
  • 共同設備
    施設によって様々ですが、代表的なところでは
    理美容室、共同キッチン、カラオケ、売店、アトリエ、プール、園芸スペース、麻雀卓、図書室、フィットネスコーナー、医務室などが挙げられます。

これらの種類や充実度によっては施設によって様々なので、入居者の趣味嗜好を踏まえて選ぶと良いでしょう。

施設差が大きい利用費用

入居の際に支払う初期費用で0~数千万円・月々支払う月額費用で12万~30万円というのが相場ですが、ご覧のとおり開きがあります。

施設の綺麗さやレクリエーションの豊富さなど様々な要因によってこの費用額は決まります。

月額費用はこれから先ずっと続くものですので、無理がないかどうかの見極めも大切

上限額を決めてから施設を探すのもお勧めです。

住宅型有料老人ホーム入居までの流れ

ここ!と決めたら、まずは入居申込書を提出しましょう。

次いで、スタッフによる面談、必要書類(住民票、健康診断書、所得証明書など)の提出といった流れになります。

その後、入居者の要介護度や状況を鑑みた上でスタッフの会議が開かれ、入居が決定します。

希望する住宅型有料老人ホームに入るには?

ここまでお付き合いいただき、ありがとうございます。
住宅型有料老人ホームの概要や費用、入居までの流れをご紹介してきました。

できるだけ入居者の方が安心して過ごせる、そんな施設を見つけたいですよね。

でも、施設探しってなかなか大変そう…と思われている方も多いかもしれません。


確かに、一つ一つの施設のことを調べて、その中から絞るのは途方もなく大変な作業です。

ここでポイントとなるのが、初めのステップである情報収集のスピードです!

情報収集に時間をかけていては、その分申し込みもどんどん遅くなる一方。

人気の老人ホームは枠も埋まりがちなので、いかに早く情報収集をして希望施設を決定するかが大切なんです。


当サイトではTOPページで複数の老人ホーム検索サイトを比較し、費用・地域・介護サービスなど、条件が絞りやすいサイトを調査しました。

その中でも、全国32000件以上の情報を掲載している介護施設検索サイトLIFULL介護は、費用面や入居者の介護状況、これは外せない!というサービス内容を入力するだけで該当施設をピックアップしてくれるのでお勧め。


そのまま資料請求も一括でできるので、情報収集から施設決定までの時間が大幅に短縮され、スムーズになりますよ。

資料集めに時間をかけるのは、すごくもったいないこと。
LIFULL介護でさくっと情報収集をして、入居施設を決めたいですね。

検索画面へは以下から移れますので、ぜひご活用ください!