老健(介護老人保健施設) 費用 入所基準

リハビリなどのサポートが必要となったご家族が入る施設を探している方は
老健(介護老人保健施設・老人保健施設)
という言葉を聞いたことがあるかもしれません。

比較的軽い経済負担で入所ができる施設、というイメージが強い老健ですが、実際にはどんなところなのでしょう。

ここでは、老健への入所基準やサービス内容、費用の目安や入所までの流れなどをご説明していきます。

ピッタリの施設をスムーズに見つける方法もご紹介していますので、最後までお付き合いくださいね。

老健(介護老人保健施設・老人保健施設)とは

老健(介護老人保健施設・老人保健施設)とは、主に医療ケアやリハビリを必要とする要介護状態の高齢者を受け入れる施設です。

食事や排泄の介助などの介護サービスは提供されますが、あくまでも目的は在宅復帰。

そのため、終身制ではありません。

入所後は3ヵ月ごとに退所or入所継続の判定が行われます。

もしも退所可能であると判断された場合には、本人や家族の意思に関わらず退所せねばなりません。

「これからずっと施設で」と考えている方には不向きですが、いずれ移動することを前提として、「ひとまず老健に」と入所を希望する方も多いです。

では、ここからは、老健の入所基準やサービス内容、費用の目安などをご紹介していきます。

入所基準

老健の入所には、

  • 要介護度1以上かつ65歳以上

  • もしくは

  • 特定疾病に認定されている40歳~64歳

  • であること。さらに、

  • 病状が安定している
  • 入院治療の必要がない

といった基準を満たしていることが条件となります。

ただし、施設によって受け入れ状況には差があるので確認が必要です。

サービス内容

老健で提供されるサービスは、

  • 介護職員による入浴・食事・排泄などの身体介護
  • 医師や看護師による医療処置
  • 理学療法士や作業療法士により回復期のリハビリテーション

が主な内容となります。
掃除や洗濯、買い物やレクリエーションといった生活援助系サービスよりも身体の回復を目的としたサービスが中心になります。

設備

老健は主に以下のような構成になっています。

  • 居室・浴室・トイレ・洗濯室などの共同設備
  • 食堂とリビングを兼用する共同生活室
  • 機能訓練室
  • 診療室

居室の仕様にはパターンがあり、個室がない多床室・ユニット(10人程度の生活単位)が設定されていない従来型個室・ユニットごとに共同生活室が用意されるユニット型個室があります。

それぞれに、居住費やサービスの料金も異なります。

入所期間の短い老健では、約6割が多床室となっていて、ユニット型は1割弱にすぎません。

費用の目安

入所一時金などの初期費用は必要なく、入所後に月額費用を支払う形式です。

月額費用の全国的な相場は、8~13万円

月額費用の内訳は介護サービス費生活費で、介護サービス費は国・自治体負担分を除いた金額が自己負担となります。

ただし、本人及び世帯全員が生活保護の対象であったり、年収が少なかったりすれば、高額介護サービス費などの補助金が自治体から支給されたり居住費や食費が低く設定されたりといった措置が取られます。

介護サービス費について

介護サービス費は、要介護度などによって異なり、度数が高くなるほど高額になります。

また、施設の設備や職員体制、処置やサービスによっては「療養食加算」「口腔機能維持管理加算」などの介護サービス費が発生します。
この場合は、1割が負担額となります。

生活費について

生活費は、居住費・食費・その他日常生活費によって構成されています。

居住費は施設や居室のタイプによって決まり、多床室よりも個室の方がたかくなります。

また、施設ごとにその他日常生活費として、電話代や理美容代、新聞・雑誌などが項目として定められており、入所者は実費を負担します。

月額費用シミュレーション

ではここで、月額費用のシミュレーションをしてみましょう。

居住費
9.600円
食費
41,400円
その他日常生活費
10,500円
介護サービス費
29,090円
サービス加算
1,567円
合計
92,157円

居住費
59,100円
食費
41,400円
その他日常生活費
10,500円
介護サービス費
29,187円
サービス加算
1,567円
合計
141,754円

このように、居住費が総費用の額を大きく左右することがあります。

また、施設によっても生活費に差が出てきますので、施設を探すときにあらかじめ月額費用の上限を指定するのも、ひとつの方法ですよ。

老健に入所するまでの流れ

老健がどんな施設なのかが分かったところで、老健の入所までの流れをご案内させていただきますね。

老健は各施設へ直接申し込む

老健への入所は、各施設の窓口などに直接申し込みます。

申し込みに必要な書類は

  • 施設利用申込書
  • 健康診断書
  • 健康保険証
  • 身体障害者手帳
  • (医療機関からの転院の場合)医師の紹介所・看護サマリー

です。

面接を経て入所が決まる

申し込みが済んだら、施設は入居者および家族と面接をします。

どんなリハビリ・介護が必要なのかを確認するためです。

その後、施設スタッフや医師、行政担当者などで構成される委員会によって要介護度・介護度の必要性・介護者の状況・待期期間・資産や収入額などを総合的に判断して入所が決定されます。

併願申し込みがおすすめ

このように、申し込みから実際の入所までは少々時間がかかります。

また、申し込めばすぐに入所できるわけではなく、だいたい3ヵ月から半年ほどの待機時間があります。

老健は併願申し込みができますので、ある程度老健に申し込む意思が固まった段階で複数の施設へ入所を申し込むのが良いでしょう。

ピッタリの施設をスムーズに見つけるために

ここまでお付き合いいただき、ありがとうございます。

施設への入居にあたっては、申し込む施設を決めるスピード感もとても大切です。

施設の情報収集にあまり長い時間をかけていては、入所のタイミングが遅れていく一方。

サービス内容や立地条件、費用面などからある程度条件を絞り込んで、効率よく情報収集をしましょう。


当サイトではTOPページで複数の老人ホーム検索サイトを比較し、費用・地域・介護サービスなど、条件が絞りやすいサイトを調査しました。

その中でも、全国32,000件以上の情報が載っているLIFULL介護であれば、条件を入力するだけでピッタリの施設をピックアップしてくれますし、資料請求も一括でできるのでとってもスムーズですよ。

老健以外の施設も含めて検索ができるので、より多くの施設から探すこともできます!

以下からサイトに移れますので、ぜひご活用くださいね。