健康型有料老人ホームとは?サービス・費用・入居基準・探し方を紹介

まだまだ元気だけど、独居は心配…というご家族がいらっしゃる方は、
どんな老人ホームがいいのかな?
とお考えではないでしょうか。

また、情報を集めるうちに、「健康型有料老人ホーム」が気になったという方もいらっしゃるかもしれませんね。

ここでは、健康型有料老人ホームとはどんな施設なのか、サービス内容や対象者、費用などを中心にご説明します。
スムーズに施設を決めるコツもお伝えしますので、ぜひ最後までお付き合いくださいね。

健康型有料老人ホームとは

健康型有料老人ホームは、主に自立(介護認定を受けていない)もしくは要支援認定を受けた高齢者対象となる老人ホームです。

職員による家事サポートを受けつつ、日常のシニアライフを楽しむための施設で、レクリエーションや娯楽設備が充実しているのが特徴です。

ここからは、受けられるサービスや費用などの詳しい情報を見てみましょう。

受けられるサービス

受けられるサービスは、基本的に

  • 家事のサポート・代行
  • レクリエーション
  • 図書室やシアタールーム、アトリエやカラオケ、園芸、プール、麻雀卓などの娯楽設備利用

です。
娯楽設備に関しては、施設によってその充実度や種類は異なります。
中には理美容室や温泉が備わっているところもあります。

人生の余暇としてシニアライフを楽しむための施設なので、ホテル並みのサービスを受けられるところもあり、優雅な老後生活を送りたい!という方に人気です。
居室も、すべて個室ですのでプライベートもしっかりしています。

もしも要介護認定を受けた時には、外部サービスの利用によって軽度までなら継続して入居ができますが、重度になれば退居となることがほとんどです。

また認知症や感染症のケアには充分に対応できない施設がほとんど。
この場合も、退居となります。

費用

施設によって大きく差がありますが、
初期費用で0~数億円、その後の月額費用で10万~45万円が相場です。

また、介護保険は適用されません。

居室の広さや設備の充実度、サービス内容によって費用が変わると考えて良いでしょう。

入居基準

入居が認められる基準としては、

  • 基本的に60歳以上
  • 自立~軽度の要介護
  • 認知症・感染症でない
  • 身元引受人がいる

が挙げられます。
ただし、施設独自に別途基準を設けていることもあるので確認してみましょう。

健康型有料老人ホームに入るには

健康型有料老人ホームへの入居申し込みは、施設に直接行います。

入居申込書の提出を経て、訪問あるいは来訪による面談、必要書類(住民票、健康診断書、所得証明書)の提出を行います。

その後、施設スタッフによって、「入居者の状況」「要介護度」「資産の収入源」などを鑑みた上で入居が決定されます。

健康型有料老人ホームの数は実は少ない

健康型有料老人ホームで受けられるサービスや費用などをご紹介してまいりました。

とても手厚く、充実したサービスはホテルさながら。

介護ケアはあまり充分でないものの、自立した高齢者であれば優雅なシニアライフを楽しめる施設ですね。

ただ、健康型有料老人ホームは、全体の老人ホームのうち1%を占めるにとどまっています。

そのため、あまり選ぶことができないのが事実。

同じように、自立した高齢者が快適なシニアライフを送れる施設に住宅型有料老人ホーム(とばす)やサービス付き高齢者向け住宅(とばす)が挙げられますので、そちらを検討しても良いでしょう。

入居者にぴったりの施設を見つけるには

ここまでお付き合いいただきありがとうございます。
先ほどお伝えした通り、健康型有料老人ホームのサービス内容は魅力的なものの、その数はごくごくわずか

現実的に考えると、他の施設を考えても良いかもしれません◎


当サイトではTOPページで複数の老人ホーム検索サイトを比較し、費用・地域・介護サービスなど、条件が絞りやすいサイトを調査しました。

その中でも、32000件以上の情報が記載されている検索サイトLIFULL介護であれば、これは欲しい!という条件を入力するだけで、該当施設をピックアップしてくれます。


立地やサービス内容、持病の対応可否や費用面などから絞ることができるので、施設探しがぐっと楽に。

資料請求も一括なので、施設決定までがスムーズに運びますよ。

老人ホームなどの施設に入居するには、面談や書類の提出などを経なければなりません。

施設の決定に時間をかけすぎると、どんどん入居までの時間がのびる一方でもったいないですよね。

できるだけスムーズに情報収集をして、希望の施設を決めることが施設入居までをストレスフリーに過ごすポイントなんですよ。

LIFULL介護の検索画面へは以下から移れますので、ぜひご活用ください。