無料/有料老人ホームって何が違うの?低費用に抑える制度と該当施設の探し方

ご家族、あるいはご自身のために老人ホームをお探しの方は、有料老人ホームという言葉を聞いたことがあるでしょうか。

「有料、ってことは無料の老人ホームもあるの?」と疑問に思われている方もいらっしゃるかもしれませんね。

ここでは、無料老人ホームとはどんな施設なのか、また有料老人ホームでも費用を抑える方法をご紹介しています。

費用面で老人ホーム探しにお困りの方は必見です!

スムーズな施設探しのコツもお伝えしますので、ぜひ最後までお付き合いくださいね。

有料老人ホームと無料老人ホームの違い

では、まずは有料老人ホームと無料老人ホームの違いについてご説明しましょう。

一般的に有料老人ホームというのは民間型の「介護付き有料老人ホーム」「住宅型有料老人ホーム」「健康型有料老人ホーム」の総称のことを言います。

費用については、入居時に必要な初期費用と月額費用の2種類で構成されており、施設ごとにその金額は大きく異なります。

一方、無料老人ホームというのは、実は正式名称ではありません

ただ、入居時に支払う初期費用が無料という意味で使われることが多いようです。

具体的には、福祉法人や自治体が運営している特別養護老人ホームなど、公益型の施設を指すことが多いです。

しかし、有料老人ホームでも初期費用が0円の施設はありますから、このあたりの線引きは曖昧なんです。

費用面から施設を探すときには、「無料/有料老人ホーム」という言葉に惑わされずに探すことをお勧めします。

>>初期費用が0円の老人ホームを探す

初期費用ってなに?

先ほど出てきた、初期費用という言葉。

入居時に支払う費用なのですが、その額も施設によっては億にのぼることもあります。
一体、初期費用とはなんなのでしょうか。


初期費用には二種類、「保証金」「一時入居金」があります。

施設によって、どちらに分類されるかは異なりますが、重複することはありません。

保証金とは

一般的な「敷金」と同様の役割です。

退去の際には、必要経費(修繕費や停滞していた家賃)を差し引いた額が返金されます。

一時入居金とは

「施設に入居するための費用」です。
施設によってその額や償却期間は異なりますが、償却期間内に退去した場合には、在籍期間に応じて残金が返金されます。

例えば、入居一時金が300万円・初期償却率20%、償却期間5年の場合、以下のようになります。
入居一時金

このように、敷金もしくは入居権費用として支払うものになります。

最近では老人ホームも多様化しており、高級ホテルやレストランさながらのサービスを受けられる施設も多くなってきました。

一般的に、こういったサービスの充実度・ラグジュアリー度が高くなればなるほど初期費用も高くなります。

しかし、有料老人ホームという名称でも、温かいサービスながら初期費用を0円にして門戸を広くしている施設もありますから探してみてくださいね。

>>初期費用・月額費用の上限を指定して施設を探す

老人ホームを全額無料で利用するのは難しい

このように、初期費用が掛からない施設のことを無料老人ホームという呼び方をすることはありますが、施設利用料が全額無料になることはほぼありません

ただし、生活保護受給者は、普段から受けている生活扶助の範囲内で利用できる施設を選べば、実質無料と言えるでしょう。

民間型の老人ホームでも、生活保護受給者用の費用制度を設けているところもありますので、探す価値はありますよ◎

また、それ以外の方でも老人ホーム利用の際に活用できる助成制度がありますので、それらを活かして費用を最低限に抑えることは可能です。

実際に、生活保護を受給した場合や助成制度を利用した場合に利用料がどうなるのかは、「お金がない=老人ホームに入れない は嘘!助成制度や施設探しのコツをご紹介」の記事にて詳しくご説明していますのでご参照ください。

スムーズな施設探しのコツ

ここまでお付き合いいただき、ありがとうございます。

無料老人ホームとはどんな施設を指すのか、より費用を抑えて老人ホームを利用するにはどうすればよいのかをご紹介してきました。

「全額無料だと思ったのに…」と少しがっかりされた方もいらっしゃるかもしれませんが、初期費用が0円になるだけでも数十万~数億円の費用が浮く計算になります。

施設によっては、初期費用0円の代わりに月額費用を若干高めに設定しているところもあるのは事実ですが、全て場合によりけり。

初期費用0円で、なお且つ月額費用の安い良心的な施設もたくさんあるんですよ。

そんな施設を探すには、条件指定ができる検索サイトを活用するのがおすすめです!


当サイトではTOPページで老人ホーム検索サイトの比較をし、費用・地域・介護サービスなど、条件が絞りやすいサイトを調査しました。

その中でも、全国32000件以上の情報を掲載している、日本最大級の老人ホーム検索サイトLIFULL介護なら、初期費用や月額費用の上限を指定しての検索ができるのでとっても楽に探せますよ。

また、他にも立地やサービス内容、入居者の既往歴にあったケアが可能かなどの条件を追加することもできるんです。

気になる施設がピックアップできたら、一括での資料請求も可能◎!

施設探しがスムーズに進みます。

検索画面へは、以下から移れますのでぜひご活用ください♪