老人ホームに入れたい!入りたくない! そんなやり取りを解消する方法
「介護する側の体力・精神力が、もう限界…」
「介護をしながら続けられる仕事がなく、生活に支障が出ている…」
「認知症を患っているから、毎日が不安…」

できる範囲でならと思ったけれど、介護の大変さにお悩みの方は多いと思います。

もちろん、あなたや家族の生活もありますから、介護だけすれば良いというものではありませんし…。

でも…

施設には入りたくない!という言葉から、どうすればいいか分からないという方もいらっしゃるかもしれませんね。

この、「入れたい!入りたくない!」のやり取りの原因は、相手の気持ちを理解できていないことが1番ですが、もう1つ大切な事を見落としがち。

それは、施設のことを双方があまり知らないということです。

老人ホームや介護施設は、介護する側だけでなく、介護される側にもメリットがあるんです!

この先、「入れたい!入りたくない!」を解消するために、施設やそれを利用するメリットを紹介していきます。

施設を知ることで入居する方のイメージは大きく変わると思います。

この問題でお互いの人生をつまらないものにならないよう、参考にして頂ければと思います。

老人ホームや介護施設の実態や利用するメリット

老人ホームや介護施設と聞くと、男性であればオセロや将棋、女性であればテレビを観ながらおしゃべり。

こんなイメージを持つ人が多いかもしれません。

過去にはそういう施設もありましたが、高齢化が進む現在では高いクオリティのところが増えています。

入りたくても、人数制限のため入居できない施設があるほどなんです。

この先、双方の気持ちと共に、施設のメリットを紹介していきます。

人の目が24時間体制だから夜も安心


困った女性

日中は家事もあるし、介護をするための人生はちょっと…
子供がまだ自立していないから、働かないと経済的にも厳しい…
認知症だから夜も不安、どこかに出かけてしまったらどうしよう…

介護する側には、自分や大切な家族が犠牲になってまで介護を優先しなければならないの?という気持ちがあるのかもしれません。

確かに生活のこともあるので、介護だけをしているわけにはいかないという方も多いでしょうし、この先負担が大きくなる介護に人生をささげるというのは苦しいですよね。

施設では夜にも見回りがあるので、何かあった時にはすぐに気が付けて安心です。

夜間も許可がなければ外出できませんので、事故を起こしてしまったりという心配からも解放されるでしょう。

悩む女性白

すべてを世話してもらっているわけではない、そんなに衰えていない!

一方、介護される側には、介護といってもすべてをやってもらっているわけではない!という意見もあるでしょう。

でも、少なからず助けてもらっている事があるのであれば、介護の負担を知るために相手の言葉に耳を傾けてみる必要もあるのではないでしょうか。

なぜなら、あなたのお子さんやお嫁さんの人生は、介護をするための物ではないからです。

介護をする大変さは、あなたも経験して来たのではありませんか?

今はまだ、施設の利用は必要がないのかもしれません。

ですが、あなたの身やあなたの取った行動で、万が一あなたの大切な家族に迷惑が掛かってしまう事があれば、きっと後悔をするでしょう。

あなたの人生は、あなただけの人生ではなく、あなたの大切な家族の人生なんですよ。

また、施設に入居すると自由が効かないと思う方が多いのですが、許可を取れば外出や外泊もできるんです。

施設は、介護する側の心身の負担を軽減するだけでなく、介護される側の安全にも配慮がなされているんです。

経験のある介護士がチームで担当 介護される方も要望が叶いやすい


困った女性

経験がないから、どうしたら良いか分からない…
体力的に1人では出来ないことも多い…

悩む女性白

嫁に介護されるのも嫌だけど、知らない人にされるのはもっと嫌!

双方が、それぞれにしか分からない不安を抱えているんですね。

ですがこの先、介護する側もされる側も年を重ねていくことになります。

介護される側は今以上に体が動きにくくなりますし、介護する側も体力が衰えるので体力的な負担は増える一方です。

その点、介護士が複数いる施設では一人では出来ないことをチームで行います。

嫁に介護スキルがあれば、もっとやりたいことをやれるのに!

施設では、介護してくれる人は複数いるので、こんな風に感じることは減りますよ。

しかし、そんなプロのメンバーでも心が居れそうになることもあるそうですが、同じ境遇の仲間の励ましがあることで頑張れるとのこと。

プロでも悩む介護を、ご自宅で、しかも一人で行うのはとても大変です。

テレビでも注目された介護殺人は記憶に新しいと思います。

介護に疲れ果て、そういった行動に出てしまった方は2015年では全国で44件。

これは表面に出ている一部、予備軍はたくさんあるでしょう。

介護される側の気持ちだけでなく、介護する側の負担を理解する必要性はあると思います。

体を動かすカリキュラムで、家にいるより元気に


困った女性

体力的に外に連れて行くのは無理!
このままじゃ、自分の体力が持たない…

悩む女性白

たまには出掛けたいのに、どこにも連れて行ってくれない!

老人ホームや介護施設を、室内で将棋やオセロをやったり、テレビを観ながらおしゃべりする場所というイメージを持つ人がいるかもしれませんね。

しかし、リハビリ器具で歩く練習や、ピクニックに出掛けるなど体を動かすことをカリキュラムに入れている施設も多いんです。

中にはプールやテニスコートがある施設も!

ご自宅の介護では家事もありますし、体力的にも日々外に連れ出すというのは難しいかもしれません。

家に居続ける環境は、介護される側の筋肉は細くなってしまい、いつの間にか歩くことすらままならないということに…。

その結果、介護する側の負担が増えてしまいます。

施設ごとに異なりますが、体を動かすカリキュラムを用意している施設では、介護される側が元気でいるためにも重要なんです。

「LIFULL」なら条件にあった施設を見つけやすい

これまで施設を利用するメリットは、介護するだけでなく介護される側にもあることをお伝えして来ました。

仮に双方が納得し施設の利用を検討した場合、次の問題が待っています。

その問題は、適した施設を探すのが大変ということです。

全国に数万、お住いの地域に絞っても、その中から施設に掛かる費用や入居の条件、施設のクオリティなど、考えなければならないことがたくさん。

自宅から近い施設の方が通いやすいというメリットはありますが、介護される側の理想に近い場所にしてあげたいですよね。

そんな時は、「LIFULL」を活用してみてください。




当サイトではTOPページで、老人ホーム検索サイトの比較をし、費用・地域・介護サービスなど、条件が絞りやすいサイトを調査しました。

その中で業界最大手のLIFULLは、全国最大級の32,000施設が掲載され、地域や費用、施設の種類など条件を絞って検索できます。

検索結果には、各施設の特徴や費用、対応できる介護の種類が明確に記載されているので、条件の合った施設が見つけやすいんです。

そこで選んだ施設のパンフレットが送られてくるので、イメージが合えば見学にいき、実際の生活を見た上で判断するという流れです。

また、体験入居ができる施設が簡単に分かるのもメリット。

「雰囲気は良かったけれど、入居してみたら居心地があまり…。」

そうならないために、体験入居ができる施設を選ぶことをおすすめします。

もう1つ、LIFULLを利用する大きな理由があります。

LIFULLでは、費用面・介護保険の利用方法・各施設のメリットなどの紹介はもちろんですが、入居するまでのサポートをしてくれるんです。

どの書類が必要で、介護保険を適用するためにはどうしたら良いか?など、入居に必要な疑問を解決してくれるので、初めての施設利用も安心ですよ。

今すぐの入居を希望としていない場合にも、将来利用する可能性がるのなら事前に調べておくことをおすすめします。

あなたや、あなたの大切な家族が過ごすかもしれない施設ですから。

ぜひ一度、公式ページよりどのような施設があるのか見てみてください。

最後に 相手を思いやることを忘れずに

ここまでお読みいただきありがとうございました。

介護において大切な事は、相手の立場や想いを理解することです。

今回、それぞれの想いを表現してみましたが、お互いの言い分はずれていましたね。

相手の想いを知ることで、このずれが少なくなります!

あなたがどちらの立場でも、あなたの大切な家族の想いを知ることから始めてみてください。

きっと、これまでにはない結果となるはずですよ。