看取り介護対応の老人ホーム・施設を探す方必見!特徴や相場を紹介

大切な家族の最期を考えた時
できるだけ穏やかに、苦しまないように送りだしてあげたい
と願う方が増えています。

ここでは、穏やかで尊厳ある最期を迎えられる、終の棲家として選べる施設をご紹介しています。

また、看取り介護とはどういったものなのかもご説明。

ご家族にぴったりの施設の探し方もご案内していますので、ぜひ最後までお付き合いくださいね。

看取り介護ができる施設

看取り介護ができる施設は、主に以下の通り。

  • 介護付有料老人ホーム
  • 住宅型有料老人ホーム
  • サービス付き高齢者向け住宅
  • 特別養護老人ホーム
  • 介護老人保健施設

どの施設も終の棲家として最期を迎えられる施設ですが、入所する際の条件やケア内容、費用面はそれぞれ異なります。
一つずつ見ていきましょう。

介護付き有料老人ホーム

介護が必要で、何らかの理由で家庭での生活が困難な方が、暮らすことのできる施設です。

掃除・洗濯などの身の回りの世話や、食事や入浴などの介助サービスが受けられます。

基本的に24時間体制でサービスが受けられますが、民間事業のため施設によってその内容は大きく異なります。

入所の条件

施設によって異なりますが、65歳以上・介護度1以上と定めている場合が多いです。

看取り介護について

ホームのスタッフとかかりつけ医が常時連携を取りながら、入所者のケアを行います。
医療的ケアはもちろんのこと、最期の日まで「自分らしく」生きられるよう、サポートします。

費用相場

入所の際に支払う初期費用で0~数千万円、その後の月額費用で数十万円かかるというのが相場です。

地域や運営元によって費用面での開きが大きく、ケア内容も変わります。

施設を探す際には、予算と内容の両方を加味すると良いでしょう。

住宅型有料老人ホーム

民間事業者によって運営される介護施設です。

見守りや、炊事洗濯の生活援助系サービスや、外部事業者を利用しての入浴や食事の介護、リハビリテーションなども受けられます。

費用やサービスの選択肢が広がりつつある、最近人気の老人ホームです。

入所の条件

基本的には60歳以上の自立~軽度の要介護者が対象となりますが、施設による裁量が大きいため一概には言えません。

看取り介護について

医療管理下にある入所者に対応できる施設であれば、最期のその時までを住宅型有料老人ホームで過ごすことができます。

体制によってはカウンセリングなどを受けられることもあります。

費用相場

入所の際に支払う初期費用で0~数千万、月額費用で12~30万円というのが相場です。

介護を要する場合は、外部の介護サービスに頼むため別途費用が加算されます。

施設によっては、外部の介護サービスと連携をとっており、込み込みでの利用料を提示しているところもあるのでよく確認しましょう。

サービス付き高齢者向け住宅

バリアフリー対応の賃貸住宅で、サ高住・サ付きとも呼ばれます。

主に自立~軽度の要介護高齢者のための住宅で、日中は生活相談員が常駐し、安否確認や様々なサポートをしてくれます。

最近では、自宅と同様の環境でいたいと願う高齢者のために、看取りまで行える施設も増えています。

入所の条件

60歳以上、もしくは要介護認定を受けている60歳未満が対象です。

介護レベルや認知症の受け入れについては、施設ごとにことなります。

また、以下の条件を満たしていれば同居が認められます。

  • 配偶者(事実婚含む)
  • 60歳以上の親族、要支援・要介護認定を受けている親族
  • 特別な理由に寄り同居させる必要があると知事が認める者

看取り介護について

看取り可能と打ち出している施設以外では、なかなか難しいのが現状です。

身体状況の悪化を理由に退去を求められることはほぼありませんが、サポート体制が不十分だと現実的に厳しいでしょう。

一方、看取り介護のケアが充実しているところを選べば、自宅にいるのと同じような、穏やかな最期を迎えられます。

費用相場

施設によりますが、入所時に支払う初期費用で数十万~数千万円、月額費用で5万~40万円というのが相場です。

ただし、これにプラスして介護保険の自己負担分が発生するので入所の際には実費としてどれだけ必要かをよく計算する必要があります。

特別養護老人ホーム

日常生活を営むのに必要な介護やリハビリを行う介護施設です。

入所の順番は、施設が開催する判定会議などで緊急性が高いと判断された方が優先されます。

公益性が高いため、経営の安定性が望めます。

また、利用料に関わらず受けられるサービスの質や部屋のグレードは一定となります。

入所の条件

以下のいずれかに該当している場合、入所基準を満たしているとみなされます。

  • 介護度3以上、もしくは認知症や障がい、その他事情により日常生活に支障をきたす可能性のある介護度1~2の65歳以上の高齢者
  • 介護度3以上で特定疾病を擁する40歳~64歳までの患者

ただし、感染症を保持していたり定期的な医療的行為が必要な方は対象外となります。

看取り介護について

本人や家族とともに、医師、看護職員、介護職員などが共同して、随時十分な説明のもと同意を得ながら最期を迎えるまで施設まで過ごします。
以前は、容態が悪化すれば医療機関に入院させ、延命治療の末にそこで最期を迎えることが多かったのですが、最近では看取り介護を行う特別養護老人ホームも主流になりつつあります。

費用相場

入所するときに支払う初期費用は必要ありません

月額費用は5~13万円が相場になりますが、個室などのオプションは別途加算されます。

また、社会福祉法人等利用者負担軽減などの特別措置が認められた場合には、費用負担が軽減することもあります。

看取り介護加算も適用となります。

介護老人保健施設

主に医療ケアやリハビリを必要とする要介護状態の高齢者を受け入れる施設です。

食事や排泄などの介護サービスは受けられますが、あくまでも在宅復帰を目指すための施設なので終身制ではありません

入所期間には3ヵ月ごとに退所あるいは入所継続の判定が行われ、退所可能と判断された際には本人や家族の意思に関わらず退所せねばなりません。

入所の条件

  • 介護度以上の65歳以上の高齢者
  • 特定疾病を擁する40歳~64歳までの患者

ただし、病状が安定しており入院治療の必要がない方に限りますので、入所の段階で容態が芳しくない方は難しいでしょう。

看取り介護について

終身制ではなく、病状が安定した状態での入所が求められるため、看取りを前提とした入所はあまり現実的ではないでしょう。
しかし、入所途中に状況が変化した場合は、その限りではありません。

費用相場

入所するときに支払う初期費用は必要ありません

月額費用は8~13万円が相場になります。

ただし、本人及び世帯全員が生活保護の対象であったり、年収が少なかったりする場合には高額介護サービス費などの補助が出ることがあります。

看取り介護加算も適用となります。

看取り介護とは

一般に看取り介護というのは、
近い未来に亡くなるであろう人の精神・肉体的な負担を軽くして、最後のときを安らかに過ごせるようにする介護のこと
を指します。

そのため、回復を見込んでの治療は行われず、あくまでも「苦痛を取り除くこと」に重きが置かれます。

看取り介護の流れ

看取り介護として施設に入所すると、以下のような流れで過ごすことになります。

適応期

入所まもなくの時期です。
本人・家族の要望や気になる点を職員と話しあい、できるだけ希望通りのケアができるように準備します。
もしもの時の連絡方法や、最期を迎えるときの対応も決めておきます。

安定期

入所後半年が経過してからを指します。
毎日を過ごす中で、最期に対する要望に変化があれば、それを職員と共有します。

不安定・下降期

肉体的に死に近づいていく時期です。

改めて直面する「死」に対する精神的苦痛の緩和や、肉体的負担の軽減がメインになります。

食事の内容を含め、本人が望む通りの生活にシフトしていきます。

看取り期

会わせたい人を呼んだり、最期を迎えるときの服装を決めたりと、穏やかで悔いのない時を過ごせるように備えます。

看取り

亡くなる時です。

最期の時間を家族や大切な人と過ごせるようサポートします。

職員は、必要であればその後の手続きも行います。

看取り後

遺された家族のための時間です。

職員による精神ケアが行われます。

職員が葬儀に参列することもあります。

最期まで穏やかに過ごせるように

ここまでお付き合いいただきまして、ありがとうございます。

看取りを前提とした施設への入所は、本人もご家族も精神的に苦しくなることがあるかと思います。

でも、そんな時だからこそ、より穏やかに過ごし、本人が安らかに眠れるようベストなケアをしてくれる施設を選ぶことが大切です。

費用面はもちろん、施設の雰囲気やケア内容をよく考えて、入所する施設を決めたいですね。


当サイトではTOPページで複数の老人ホーム検索サイトを比較し、費用・地域・介護サービスなど、条件が絞りやすいサイトを調査しました。

その中でも希望する条件を入力するだけで、ぴったりの施設をピックアップしてくれるLIFULL介護なら、きっと安心して最期を迎えられる施設が見つかります。

以下から検索画面に移れますので、ご活用ください。