ケアハウスにかかる費用・特徴をタイプ別に紹介!希望に合った施設の探し方

有料老人ホームよりも比較的軽い経済負担で入居できるケアハウス。

身寄りがなかったり、家庭・経済的事情から家族との同居が困難なお年寄りのためにある施設です。

ご家族、もしくはご自身のケアハウス入居を考えられている方は

有料老人ホームよりも軽い経済負担、とは言えどどれくらいするんだろう?
ケアハウスってどんなところなんだろう?

と気になっているのではないでしょうか。

実は、ケアハウスには2種類あり、それによって費用面も大きく異なるんです。

ここでは、かかる費用や特徴などをタイプ別にご紹介。

予算などの条件面からピッタリの施設を探す方法もお伝えしていますので、ぜひ最後までお付き合いくださいね。

ケアハウスにかかる費用は?

先ほどお伝えした通り、ケアハウスには

  • 一般(自立)型ケアハウス
  • 介護(特定施設)型ケアハウス

の2種類があります。

それぞれの費用を表にまとめましたので、ご覧ください

 初期費用月額費用
一般型30万円程度7万~13万円
介護型数十万~数百万円16万~20万円

初期費用とは、入所の際に支払う費用のこと、月額費用とは、毎月の利用料のことを指します。

自立型と介護型では、費用の差も大きいことが分かりますね。

また、同じ型のなかでも施設によって数万円以上の差があるんです。

※型に関わらずケアハウスには助成制度が適用されるため、所得によっては費用負担額が軽減される場合もあります。

一般型と介護型の違いって?

では、具体的に一般型と介護型では何が違うのかをご説明させていただきますね。

両型とも、共通して言えるのは、

身寄りがない・もしくは家庭環境や経済状況の理由から
家族との同居が困難な高齢者が
自治体の助成を受けて有料老人ホームよりも比較的安い費用で利用できるサービスである

ということ。

その上で、以下の2つに分けられるんです。

一般(自立)型ケアハウス

その名の通り、自立した(=身の回りのことは自分でできる)高齢者のための施設です。

60歳以上もしくは夫婦のどちらかが60歳以上である必要があります。

炊事洗濯などのサポートや職員による見守りが受けられるため、元気ではあるものの独居生活に不安のある方に向いています。

入居後介護が必要になったときには、別途訪問介護などのサービスを利用することになります。

状況によっては、退去を求められることもあるので心配な方は予めルールを確認しておくと良いでしょう。

基本的には個室+リビングなどの共有スペースで成り立っていますが、夫婦部屋があるケアハウスもあります。

介護(特定施設)型ケアハウス

要介護1以上の認定を受けた、65歳以上の高齢者のための施設です。

入浴や食事などの介護や、機能訓練・医療ケアを受けることができます。

基本的に、介護度が増したからという理由で退去を求められることはありません。

つまり…
自立できていて、一人暮らしもできるけどちょっと不安…という方は一般型
介護認定を受けていて介護サービスが必要な方は介護型

となります。

受けられるサービスの厚さが違うから、費用も一般型<介護型になるんですね。


ちなみに…
ケアハウスは、軽費老人ホームC型とも言われます。
軽費老人ホームには他にA型とB型があり、それぞれまた違った施設となります。

費用予算に応じてスムーズな施設探しを

ここまでお付き合いくださり、ありがとうございます。

ケアハウスには「一般型」と「介護型」の2種類があること、それぞれの中でも施設によって費用面で差があることをご紹介させていただきました。

どちらの型が当てはまるかは、入居者の方の自立度によって決まりますが、その中でどの施設を選ぶかは、なかなか即決しにくいですよね。


当サイトではTOPページで複数の老人ホーム検索サイトを比較し、費用・地域・介護サービスなど、条件が絞りやすいサイトを調査しました。

その中で、費用予算や施設、既往歴などの条件からピッタリの施設をピックアップできる検索サイト「LIFULL介護」を活用するのがお勧めです。


求める条件を入力するだけで当てはまる施設を見つけられますし、その中から気になったケアハウスの資料を一括で請求できるのでスムーズです。

より良いケアハウスに出合うには、初動である情報収集がとても大切。

LIFULL介護へは以下から移れますので、さっそく使ってみてくださいね。