サ高住(サービス付き高齢者向け住宅)の入居基準・費用・他施設との違いとは

遠方で一人暮らしをしている高齢のご家族がいらっしゃる方は、突然の病気やケガが心配ですよね。

サ高住(サービス付き高齢者向け住宅)は、賃貸住宅でありながら専門スタッフによるサポートが受けられる施設です。

基本的には、要介護認定を受けていない高齢者向けの住宅ですが、タイプによっては介護度が高かったり認知症であっても入居できるんです。

ここでは、サ高住について、その基本情報から入居基準、費用などをご説明していきます。

老人ホームなど、他の施設と迷ったときの選び方もご紹介しますので、ぜひ最後までお付き合いくださいね。

サ高住(サービス付き高齢者向け住宅)とは

サ高住とは、自立あるいは軽度の介護認定を受けた高齢者が安心して暮らすための住宅です。

バリアフリー対応で、日中に常駐している生活相談員から生活支援サービスを受けられますが、一般型と介護型の2種類があり、それぞれに受けられるサービスや入居基準も異なります。

また、共有スペースとしてリビングだけでなく、レストランや温泉施設、カラオケ・シアタールームを併設してるところもあります。

サ高住で受けられるサービスって?

では、受けられるサービスについて、一般型と介護型それぞれを見てみましょう。

一般型

  • 生活相談員による安否確認・生活相談(日中)
  • 緊急通報システムによる見守り(夜間)
  • サークル活動などのレクリエーション(オプション)

一般型は自由度が高い分、受けられるサービスにも限りがあります。

認知症対応や重度の介護が必要になれば、一般型での生活は難しくなっていくでしょう。

ただし外部サービスの利用が認められていますので、訪問看護サービスや訪問介護サービスを利用すればその限りではありません。

看取り介護も、外部サービスの利用によって可能となります。

「現在元気に暮らしているものの、高齢だし独り暮らしは心配…」という理由で入られる方が多いタイプです。

介護型

  • 生活相談員による安否確認・生活相談(日中)
  • 緊急通報システムによる見守り(夜間)
  • 炊事洗濯などの生活支援
  • 入浴・食事・排泄などの身体介護・リハビリ
  • 認知症対応
  • レクリエーション
  • 看取り介護(看護師24時間滞在の場合)

一般型で受けられるサービスに追加して、介護付き有料老人ホームと同様のサービスを受けることができます。

重度の介護や認知症への対応もしており、看護師が24時間滞在している施設では看取り介護も可能です。

サ高住に入居できる基準

サ高住は、基本的には自立した高齢者向けの住宅のため、比較的誰でも入居希望を出しやすい施設です。
一般型と介護型について、見てみましょう。

一般型

一般型では、

  • 60歳以上である(介護認定を受けていれば未満でも可)
  • 自立~軽度の要介護度である
  • 自己管理・自立した生活ができる
  • 認知症でない
  • 感染症にかかっていない
  • 連帯保証人がいる

ことが入居基準となります。

入居後の長期入院や身体状況の悪化などを理由に退居を求められることは、まずありません。

しかし、認知症症状が進行したり日常的な医療ケアが必要になった場合は、サ高住では不安が残ることがほとんど。

そのため、費用は跳ね上がりますが外部サービスを利用するか、介護付き老人ホームなど他の施設へ移る方が多いです。

介護型

介護型に入る基準は、

  • 60歳以上(介護認定を受けていれば未満でも可)
  • 自立~要介護5
  • 連帯保証人がいる

が挙げられます。

現段階で何か身体的な不安がある場合は、初めから介護型を希望するのが良いかもしれません。

同居もできる!

同居
サ高住では、同居もできます。
その際には、以下のいずれを満たしている必要があります。

  • 配偶者(事実婚を含む)
  • 60歳以上の親族、要支援・要介護認定を受けている親族
  • 特別な理由に寄り同居させる必要があると知事が認めるもの

夫婦で一緒にサ高住に住むことも可能なんです!

サ高住にかかる費用

では、実際にどのくらいの費用がかかるのかをご紹介します。

一般型

一般型サ高住にかかる費用としては、
初期費用:数十万円
月額費用:5万~25万円(家賃+共益費)

が相場だと言えるでしょう。

ここで言う初期費用とは、賃貸住宅における敷金に当たります。

礼金や更新料は、かかりません。

また、別途で介護保険の自己負担分や食費・光熱費、外部サービスを利用した際にはその分の料金が加算されます。

介護型

初期費用:数百万~数千万円
月額費用:15万~40万円(家賃+共益費+食費)

が相場となります。

別途、介護保険の自己負担分が加算されます。

ここで言う初期費用には「入居一時金」と「前払い家賃」の2種類があり、施設によってどちらになるかは異なります。

入居一時金とは

利用権を得るための料金で、施設によって償却期間と償却率が決められています。

一定期間内に退居した場合には、そのル―ルに則って入居者もしくは家族に、返還金がわたされます。

ただし、ルール設定の裁量は施設が持っているため、償却期間も3年のところがあれば10年以上にわたる施設もあり、まちまちです。

必ず事前に確認をしておきしょう!

前払い家賃とは

言葉の通り、ある程度の家賃を前もって支払う制度のことです。

その金額の基準は、国土交通省・厚生労働省によって以下を基本とするよう通達されています。

「1か月分の家賃等の額」×「想定居住年数」+「想定居住年数を超えて契約が継続する場合に備えて受領する額」

老人ホームなど他の施設と迷ったら

ここまでお付き合いいただき、ありがとうございます。

サ高住(サービス付き高齢者向け住宅)について、その立ち位置やサービス内容、費用面などをご紹介してきました。

賃貸住宅なので自由度も高いのが大きな特徴と言えますね。


ただし、介護が必要になった場合や何か病気をした時などのことを考えると「もしかして他の施設の方がいいのかも?」と思われた方もいらっしゃるかもしれません。

また、サ高住にしようと決めていても今の段階で「一般型と介護型どちらがいいのかな」と迷われている方もいらっしゃるかもしれませんね。

そんな時は、サービス内容や介護ケアの充実度、レクリエーションやサークル活動の活発さ、費用面などから施設を探すことをお勧めします。


当サイトではTOPページで複数の老人ホーム検索サイトを比較し、費用・地域・介護サービスなど、条件が絞りやすいサイトを調査しました。

その中でも、全国32,000件以上の高齢者向け施設を掲載しているLIFULL介護なら、希望する条件を入力するだけでピッタリのところをピックアップしてくれますよ。

資料請求も一括でできるので、施設探しがぐんとスムーズになります。

LIFULL介護へは以下から移れますので、ぜひご活用ください!