老人ホーム検索サイト比較ランキング・2018 施設の探し方を紹介
親御さんが高齢になってきた方や、今まさに介護を頑張っている方の中で、

そろそろ老人ホームを利用したいな…

と、思っている方は少なくないと思います。


なかには、本当に老人ホームに入れて良いのかな…。

こんな風に後ろめたさを感じている方もいらっしゃるかもしれません。


ですが、今は介護スタッフや設備が整った老人ホームが多く、

独り暮らしや自宅介護より、年配の方が過ごしやすい環境になっているので安心してくださいね。


ここでは、老人ホームを探すときに使われる検索サイトの情報掲載数や検索機能を比較し、

条件に合った施設が見つかるようお手伝いしたいと考えています。

まずは、老人ホーム検索サイト比較表をご覧ください。

老人ホーム検索サイト比較表

 LIFULL介護かいごDB探しっくす
施設数
多い
多い
少ない
地域
あり
あり
あり
費用
あり
あり
あり
入居条件
あり
なし
あり
医療サービス
あり
なし
なし
フリーワード
あり
なし
なし
公式サイト詳細はこちら詳細はこちら詳細はこちら

ご覧の通り、LIFULL介護(ライフル介護)は施設数が多く、細かい条件で絞れて使いやすいため、当サイト利用者の81%が活用しています。

理想の老人ホームを見つけるには、掲載している施設数+検索方法の多さが重要。

希望の地域・費用・入居条件・サービスなどから簡単に検索できるLIFULL介護は、

これから老人ホームを探す方におすすめです!


他2つの検索サイトに大きな特徴はありませんが、かいごDBは空室状況がひと目で分かります

今すぐ施設の利用を考えている方は、かいごDBを活用するのが良いでしょう。

広い選択肢の中から、希望通りの施設を見つけたい方→LIFULL介護

今すぐの利用を考えている方→かいごDB



続いてランキング内で、各老人ホーム検索サイトの特徴を分かりやすく解説いたします。

ランキングは当サイトからの資料請求が多い順となっています。

老人ホームをお探しの方はぜひ、お役立てください。

老人ホーム検索サイトランキング【2018年】

  1. LIFULL介護(ライフル介護)

    LIFULL介護のおすすめポイント
    • 全国32,000件以上の施設を掲載!検索機能が使いやすく当サイトでも81%の方が利用
    • 地域・希望沿線・駅チカ エリアの条件を細かくして探せる
    • 費用の範囲を絞って検索できる
    • 病状から受け入れ可能な施設を調べられる
    • カラオケ・音楽・眺め・生活保護など、フリーワードからの検索も◎
    • 気になった施設の資料を一括請求できる
    • 入居者やスタッフの声が聞ける動画・レポートがある

    LIFULL介護の心配なところ
    • 人気サイトのため、気になっている施設がすぐ満室になる可能性がある

    老人ホームの検索ならLIFULL介護!

    全国32,000件以上の老人ホームを紹介し、業界でNo.1と言える地位のLIFULL介護。

    大手不動産検索サイト『ホームズ』と同じ会社が運営しているため、信頼性と実績は折り紙付きです。


    掲載されている老人ホームも、大手から地域密着型まで幅広く対応。

    多くの写真が掲載されていて、施設をイメージしやすいのも◎です。


    老人ホームを探すときに大切なのは、資料を集めて見比べることですから、

    まずは最大手のLIFULL介護で探してみるのをおすすめします!

    選べる条件 地域・費用・施設の種類・特集から楽々検索

    老人ホームを探す時、

    「費用が高すぎるのは厳しいな…」

    「介護サービスや設備が行き届いた老人ホームだと安心できる」

    「いつでも面会できるように、自宅から近い場所で見つけたい」

    といった気持ちがあると思います。


    LIFULL介護なら条件を入力するだけで、希望通りの老人ホームを簡単にピックアップ

    介護施設の種類や、新規オープン・食事が美味しいといった特集からも老人ホームが探せます。

    入居する方のご状況に合わせて選んでくださいね。

    入居している方やスタッフのインタビューを掲載!

    老人ホームを考えたきっかけや施設を選んだ理由など、

    入居しているからこそ伝えられる、生の声を多く掲載しているLIFULL介護。

    これから老人ホームの利用を検討している方にとって、参考になる情報が豊富です。


    施設ごとのスタッフやホーム長の考え方も知れますし、食事やレクリエーションの様子も分かるので、LIFULL介護だけにある、取材レポートはぜひ目を通してみてください。

    資料請求までの流れ わずか1分で終わる簡単入力

    1. 公式サイトから希望する老人ホームの条件を選択

      地域・費用・入居条件など自由に設定できます。
      気になる施設があったら詳細情報を覗いてみましょう。

    2. 少しでも気になったらまずは資料請求

      名前・電話番号・住所を入力すればOK。
      資料請求=必ず入居ではないので、気軽に複数の施設から資料をもらって大丈夫です。

    3. 1~2日後には資料がお手元に、しつこい営業電話はありません

    ↓のLIFULL介護公式サイトから、無料で資料請求ができます。

    あなたのご負担は一切ありませんので、ぜひ活用してくださいね。

  2. かいごDB

    かいごDBのおすすめポイント
    • 施設の空室状況がひと目で分かる
    • 地域・希望沿線・駅チカ エリアの条件を細かくして探せる
    • 気になった施設の資料を一括請求できる

    かいごDBの心配なところ
    • LIFULL介護と比べると、検索条件が少なく絞りにくい

    今すぐに施設の利用を検討している方におすすめ

    老人ホーム検索サイト2位はかいごDB。

    施設数はLIFULL介護に匹敵、もしくはそれ以上なので、広い選択肢から探せます。


    ただ検索条件が少なく、希望通りの施設が見つけにくいのがネック。

    使い勝手が悪く、かゆいところに手が届かない印象がありました。


    そんなかいごDBですが、どの部屋が空いているのか分かりやすいため、

    今すぐに施設の利用を考えている方は活用しましょう

  3. 探しっくす

    探しっくすのおすすめポイント
    • 地域・希望沿線・駅チカ エリアの条件を細かくして探せる
    • 費用の範囲を絞って検索できる
    • 気になった施設の資料を一括請求できる

    探しっくすの心配なところ
    • 上位2サイトに比べ施設数が少ない

    積極的におすすめできる要素は少なめ

    検索条件が豊富なのは評価できるものの、施設数が少ないため物足りない印象の探しっくす。

    他2サイトと比べてもメリットはあまりありませんが、施設選びに活用できる「用語集(PDF)」が貰えるので、

    欲しい方は探しっくすを利用してくださいね。

    老人ホームを選ぶときに大切な5つのポイント

    ここまでおすすめの検索サイトをご紹介してきましたが、

    どんな条件に注目すれば良い老人ホームに出会えるの?

    と、疑問に感じている方もいらっしゃると思います。


    老人ホーム選びで注目して欲しいのは次の5つ。

    • 場所・立地
    • 費用
    • 入居条件
    • 医療・介護体制
    • 居住空間

    これから詳しくお伝えしていきますね。

    ポイント1. 場所・立地

    老後の生活を送ることになるので、老人ホームの場所や立地は大切ですよね。

    住み慣れた地元で暮らしたい。
    公園や自然が豊かなところを探している。
    ずっと憧れていた沖縄で余生を過ごしたい。

    入居する方それぞれ、希望の条件があると思います。


    また、ご家族を預かってもらう予定の方は、面会に通いやすい場所を考えているかもしれませんね。

    入居する本人はもちろん、ご家族の暮らし方にも関わりますから、先のことを考えて選ぶのをおすすめします。

    ポイント2. 費用

    基本的に老人ホームは、入居一時金と月額料金がかかります。


    入居一時金とは、一定期間分の入居費を前払いするシステムのこと。

    途中で退去などされた場合、敷金のように戻ってくる特徴があります。

    金額は0円~1,000万円以上と、老人ホームによって様々です。


    月額料金は、入居費・食費・医療費など、施設を利用するために毎月払う費用です。

    目安として3~40万円ですが、こちらもピンキリです。


    毎月の支払いはできるだけ少ない方が、生活は楽になりますよね。

    LIFULL介護であれば、入居費0円・月額1万円からの老人ホームがたくさん見つかるので、ぜひ活用してみてください。

    ポイント3. 入居条件

    年齢や要介護レベルによって入れる老人ホームは変わります。

    症状が重いから難しいかな…と思っている方もいらっしゃるかもしれませんが、

    認知症やインシュリン投与など、対応できる施設はあるので心配はいりませんよ。


    入居者が少しでも心地よく過ごせるように、カラオケや温泉付きの施設もあるので、

    施設の特徴を資料でしっかり確認してみましょう。

    ポイント4. 医療・介護体制

    スタッフの人数が多かったり、24時間看護体制の施設なら安心できますよね。


    自宅での介護はどうしても限界があると思います。

    専門家が常にそばにいてくれたり、医療設備が整った環境なら、入居する方にとってもご家族にとっても暮らしやすいと言えるでしょう。

    また施設ごとに異なる、提携先の医療機関にも注目してみてくださいね。

    ポイント5. 居住空間

    個室・2人部屋・相部屋など、間取りや大きさは様々。

    ペット可やご夫婦で入居できる施設もあります。

    ラウンジや食堂が大きかったら、伸び伸び過ごせそうですよね。

    住み心地が良いに越したことはないので、大事にしたいポイントです。

    最後に老人ホームを探している皆様へ

    最後までお付き合いいただき、ありがとうございます。

    おすすめの老人ホーム検索サイトや、選び方のポイントをご紹介しましたがいかがでしたか?


    老人ホームは大きな費用がかかるので、なかなか一歩を踏み出せない方もいらっしゃると思いますが、

    入居一時金が0円だったり、年金で入居できる施設もあります。

    また、介護保険が適用になれば、さらに負担を減らすことができます。


    それに重い病気を患っていても、医療やサービスが充実した施設を選べば、

    入居する方もご家族も安心して暮らせることでしょう。


    他にどんな人が入居しているのか、どんなご飯がでるのか、どんな医療サービスがあるのか…。

    気になっていらっしゃるなら、まずは資料を取り寄せることから始めてみませんか?


    実際、私はLIFULL介護で複数の老人ホームから資料を請求し、金銭・立地・居住空間・医療・入居条件が希望通りの施設を見つけました。

    当時は家族を老人ホームに送る後ろめたさがありましたが…。


    自宅よりも充実した生活環境

    話し相手やレクリエーションがあることで、以前よりも活き活きとした親の姿に、嬉しくて涙がこぼれました。


    今はお互いが自分らしく暮らし、穏やかな毎日を送っています。

    あなたもLIFULL介護の資料請求を活用して、後悔しない老人ホームを見つけてくださいね。